うにものがたり

特に印象に残ったイベントの忘備録、ちょっとしたアニメの感想など。Twitterの延長のようなブログです。

LAWSON presents TrySail First Live Tour “The Age of Discovery”calling at OSAKA

1/14(土) オリックス劇場で行われた、TrySailファーストライブツアー大阪公演に参加してきました。

1F最後列、しかも通路側で存分に動き回って楽しめました。
通路側に立つと、他の通路席オタクが思い思いに動いてるのも視界に入ってきて面白いです。

以下、セットリストとともに内容を振り返っていきます。

01. Sail Out

出航の時間です。

ラスサビ前、メンバーに合わせて腕を正面にかざし、タイミングを合わせてそのまま頭上に挙げるのを3連番以上でやってみたい。

 

02. オリジナル。

TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」OPテーマ。

オリジナルもサビのステップが好きなタイプの曲。whizもそうですが、メンバーによる振り付けが加わると曲のイメージが変わりました。テレビでアニメのOPを見ているだけでは伝わってこないことも多いなと改めて気付かされる1曲でした。

www.youtube.com

 

03. BraveSail

ガチ恋声豚言いました「椎菜にガチ恋苦しいな」

物知り虎は言いました「(サビ前の無音で)耳をすませてごらん」

 

04. chip log

whiz, sewing dreamに次ぐ渡辺翔曲。

間奏、雨宮天さんの甲板を掃除する動きに、かつてのChoose me♡ダーリン(StylipS)のデッキブラシ・ムーブメントを感じることができました。 オタクは床掃除が好き。

f:id:untan1014:20170126003802j:plain

 

www.youtube.com

 

05. Daisy Days(夏川椎菜ソロ)
連番者に双眼鏡を借りてDaisy Daysの夏川椎菜さんを終始観察していましたが、要所要所で目をつぶってくしゃっとなった表情を浴びると、立っているだけなのになぜか過呼吸に。 ソロデビュー決定おめでとうございます。 #ガチ恋をこじらせない2017

 

06. 明日は君と(麻倉ももソロ)

サビで腕を前後に動かすシンプルな振り付けが可愛らしい。

最前列センターで狂ったように推しジャンを繰り返すピンクのオタクが印象的でした。

 

07. Silent Sword(雨宮天ソロ)

コバルト、ホントだよ、ひかるカケラなどユニット曲でもおなじみの谷口尚久ナンバー。光るおもちゃの剣を持ち込んだら、ここで掲げましょう。
隣を見たら、連番者は刀剣乱舞の刀型ペンライトを抜刀してました。*1

 

08. ゆずれない願い(ハモリ曲)

大阪公演が初参加だったのでしょうか、曲紹介が終わってイントロまでに、30~40代と思しきおっさんオタクの歓喜の咆哮が響き渡っていました。

 

09. センパイ。

劇場版「好きになるその瞬間を。告白実行委員会~」OPテーマ。

1番の夏川椎菜さんの「もう気付いてよ…ばか。」が好き過ぎてよくAメロで倒れ込むのですが、披露3~4回目の今回はさすがに耐えました。
ホッとしたのもつかの間、2番の雨宮天さんの「そんなに否定しなくてもいいじゃん…バカ!!!!!」が音源で聞くより3倍くらい声量と勢いがあって、やはり膝が持ちませんでした。

「先輩の悪いところ全部全部全部全部(イェッタイガー!)」で有名な曲ですが、アニクラならできることも、実際に歌って踊るメンバー見てると声が出てこない不思議。

www.youtube.com

 

10. かかわり

魔法少女まどか☆マギカ新作アプリ「マギアレコード」主題歌。渡辺翔

この公演で初めて聞いたので、サビになってようやくCMで散々浴びた曲だとわかりました。

www.youtube.com

 

11. primary(シャッフル枠)

大宮公演に続き、シャッフル枠で回収できて思わずガッツポーズ。

TrySailでは数少ないジャージャー曲。イントロが10秒程度なので、7~8秒ほどかかるMIXを入れるために曲開始3秒で反応しましょう。連番者も乗ってきてくれて嬉しかったです。

落ちサビ入り、川椎菜さんの「以上に燃えて…」がたまらなく好きです。

 

12. 僕らのシンフォニー(シャッフル枠)

ライブ開始後からチラチラと視界に入っていた前列の青色Tシャツの女性ファン、別現場で鍛えられたであろう彼女の推しジャンが一層激しくなったのは、この曲の雨宮天さんソロパートでした。

 

13. コバルト

開幕の「あーまみやそら!」は消滅したのでしょうか。コールはなくてもよいので、きちんと乾杯はしましょうね。

肘を曲げたままでの腕を上げたり下げたりのサビの振り付けは癖になります。

サビの雨宮天さんソロ部分「怯む間も無く 燃やし尽くせ (涙も笑顔も) 憂鬱さえも」、今回も伸びがあってグイグイと引き込まれました。

 

こちらはコバルト冒頭での乾杯におすすめの日本酒情報です。

www.kesennuma.co.jp

 

14. High Free Spirits

海の仲間は、家族だから。

TVアニメハイスクール・フリート」OPテーマ。説明不要の魂の叫び。これを目当てにツアーに来ているハイスクール・フリーターの皆さんも多いことだと思います。

昨年末のフォロワーさんたちの2016年のアニメOPED10選を見ていましたが、ほとんどの方がこの曲をチョ・イ・スしていたのも印象深いです。

 

前列の青の女性ファン、イントロを察知するとともにキンブレを捨て、常時大閃光オレンジバルログモードへ移行。ひたすら明るい。

 

それまでコールらしいコールもせずに控えめに振りコピを楽しんでいた連番者が、大サビ前で「イェッタイガーファイボーワイパー!」を大声で入れ始め、笑いつつ最後のサビを迎える珍しい体験をしました。

 

15. Baby My Step

サビ前で「せーの!ホップ・ステップ・ジャンプ!イェッタイガー!」したら、後は合いの手を叫び続けましょう。

 

16. Youthful Dreamer

ツアーはこれを聞かないと終われません。

Aメロ「つまらない事するキミには おしおきが必要かな?」に対する「お仕置きしてくれ、椎菜!」が板についてきました。

TrySailのモチーフである大きなトライアングルを描いたり、「レ・ベ・ル 上げて」で段階的に腕を上げていく振りコピの楽しさも、この曲ならでは。

 

アンコール

17. ひかるカケラ

メンバー間のイチャイチャを眺める幸せのひとときでした。

前列の青の女性ファン、素早く双眼鏡を構える。あの時の彼女は完全に楽曲派の顔つきをしていました。

 

 

ツアー全通はできないけど、折に触れては1,2公演参加してTrySailならではの楽しさを思い起こしていければと思います。

 

今日の麺stagram(おまけ)

イベントで遠征した際は、麺処に寄る機会が多いです。

Instagramでの投稿を引用することがあります。

・帰ってきた宮田麺児(長堀橋)

www.instagram.com

・紋次郎(北新地)

www.instagram.com