うにものがたり

特に印象に残ったイベントの忘備録、ちょっとしたアニメの感想など。Twitterの延長のようなブログです。

2017年楽曲10選

<はじめに>

1アーティスト1曲を基本として、2017年リリースの楽曲から選定しました。

各曲ともiTunesからの試聴ができますが、再生時のボリュームにはご注意ください。

 

ワガママMIRROR HEART / 大橋彩香
作詞:真崎エリカ 作曲:加藤裕介 編曲:酒井拓也(Arte Refact)
[TVアニメ「政宗くんのリベンジ」OP]

ワガママMIRROR HEART

ワガママMIRROR HEART

  • provided courtesy of iTunes

 "PLEASE DON'T! PLEASE WAIT! 叫びたいのに…"

2017年1月、TVアニメ「政宗くんのリベンジ」が放送されました。
メインヒロインに大橋彩香さんを据え、その周囲に三森すずこさんや水瀬いのりさん、田所あずささん、早見沙織さんたちを起用するとんでもない声豚向けアニメが始まったなという印象がありましたが、そのOPの破壊力ときたら…。

ワガママMIRROR HEARTがあるから2017年の10選は実質9選」とはよく言ったもので、リリースから1年が経とうという今日でも勢いが全く衰えません。

大橋彩香さんと言えば、来年5月にパシフィコ横浜でのワンマンライブが決まるという嬉しいニュースもありました。
2018年も最高の「だから強制!」、やっていきましょう。
ただし、串カツ田中のチンチロで出てくるメガハイボールを飲ませるコールに使うのは厳禁ですよ。
アルハラにおいては慎重な意見が飛び交う昨今ですが、当ブログにおいても、アルハラの撲滅運動を推進しています。


Smiling Spiral / 内田真礼
作詞・作曲:田淵智也 編曲:eba
[内田真礼ミニアルバム「Drive-in Theater」収録] 

Smiling Spiral

Smiling Spiral

  • provided courtesy of iTunes

 "みんなの「がんばって!」が聞こえたから また強くなれたよ"

2017年1月という年明け間もないタイミングでリリースされたミニアルバム「Drive-in Theater」。
ミニアルバムということで収録はたった6曲でしたが、それでも十分に力強さのある6曲でした。

その中でも特に「モラトリアムダンスフロア」*1クロスファイア*2「Smiling Spiral」からの選出には悩まされましたが、決め手となったのはやはりライブでの楽しさ。

2月の代々木第一体育館、7月の日比谷野外音楽堂でそれぞれ浴びる機会に恵まれましたが、現地で聞くと爆発力の塊みたいな楽曲でした。

田淵智也&ebaという攻撃的な提供陣にのせて繰り出される、内田真礼さんのライブパフォーマンスは圧巻。
終盤の掛け合い「じゃあ、超スゴイ大歓声をヨロシク!」「You can do it!」「Marvelous!」の流れは、何度聞いてもライブ会場の様子を思い出して興奮してしまいます。観客のコールやクラップ、ウェーブが飛び交う、まさになんでもありの1曲。

 


かかわり / TrySail
作詞・作曲:渡辺翔 編曲:倉内達矢
[スマートフォンゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」テーマ曲] 

かかわり

かかわり

  • provided courtesy of iTunes

"ヨワクナイ ヨワクナイ 君は弱くないよ"

ひたすらキャッチーでTVアニメ「エロマンガ先生」のOPでもおなじみTrySail 6th Singleadrenaline!!!、そのカップリングにとんでもない曲が収録されています。それがこの「かかわり」です。

作曲渡辺翔さんと編曲倉内達矢さんのタッグは伊達ではなく、AメロBメロサビ…とどこを切り取ってもおいしい曲になっています。

特に注目すべきなのは、2番Aメロの夏川椎菜さんのソロ部分(この項目冒頭の歌詞)。ここが聞きたくてライブに足を運ぶこともしばしばでした。

2017年はグレープフルーツムーン「フワリ、コロリ、カラン、コロン」のリリースを通して、夏川椎菜さんの歌唱を通しての表現力がグンと上がったと思っています*3


夏のドーン! / Poppin'Party
作詞:中村航 作曲・ 編曲:岩橋星実(Elements Garden)
[Poppin'Party 7th Single「Time Lapse」収録] 

夏のドーン!

夏のドーン!

  • Poppin'Party
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 "ドーンと ドーンと 空に咲け!"

Poppin'Party 7枚目のシングルのカップリングに、これまたとんでもない楽曲が潜んでいました…。

シングルのリリースは9/20と、ちょっと夏とは言えない時期でしたが、本家のスマートフォン向けリズムゲームバンドリ! ガールズバンドパーティ!」での配信開始が8月と聞いて納得しました。

ゆったりとしたボーカルから始まる曲ですが、それがまた良い…。直後急激にBPMを上げ、Aメロまでの間で完全に気持ちよくなってしまいます。Bメロ~サビの繋ぎも申し分なく、愛美さんの歌唱と相まって夏祭りのワクワク感を想起させる1曲に仕上がっています。今年もまた、好きな夏楽曲が増えてしまいました。

 


紅花火 / Machico
作詞:森由里子 作曲・編曲:内海孝彰
[Machico メジャー1st Album「SOL」収録] 

紅花火

紅花火

  • provided courtesy of iTunes

 "消えない大輪の華 今日が過ぎたって 心には咲くでしょう きっときっとずっと…"

またしても夏楽曲からの選出となりましたが、こちらはうってかわってバラード曲。
Machicoさんは「この素晴らしい世界に祝福を!」のタイアップ曲fantastic dreamer」「TOMORROW」等が有名ですが、それ以外にも、こういった切ない片想いを歌った曲において素晴らしい表現力を持っていると思います。

 


リトルシューゲイザー / 水瀬いのり
作詞・作曲・編曲:中山真斗
[水瀬いのり 4th Single「アイマイモコ」収録] 

リトルシューゲイザー

リトルシューゲイザー

  • provided courtesy of iTunes

 "まだ終わらせないんだ 僕のシナリオ"

水瀬いのりさんの2017年リリースの楽曲、これと「コイセヨトオメ」「Will」「星屑のコントレイル」「Ready Steady Go!からは、正直1曲を選べません。
他のオタクの10選を眺めていてもこの曲はあまり挙がっていなかったのであえてチョイスしています。

すでに挙げた各曲も12月の1stライブで浴びた時はとてつもないパワーがありましたが、生バンドという利点を最大限活かしていたのはこのリトルシューゲイザーだった気がします。
ベースラインがひたすらに気持ちよく、中山真斗さんの描き出すダークな世界観と相まってずっと浸っていたい心地良さがありました。*4

 


Pajama KINGDOM / 田所あずさ
作詞:Q-MHz 作曲:Q-MHz 編曲:堀江晶太
[田所あずさ 3rd Album「So What?」収録] 

Pajama KINGDOM

Pajama KINGDOM

  • provided courtesy of iTunes

 "今日だって僕たちは がんばっていたよ ジタバタと足掻いてた そんな人生"

今年リリースのアルバム「So What?」を一通り聞いて最初に印象に残ったのがこの曲でした。

アニクラでよく耳にするのはDEAREST DROP、歌詞とメロディのエモさなら「僕は空を飛べない」、結婚式・葬式で流すなら「そう上手くいかないものです。」等々、いろいろな一面を見せるアルバムですが、個人的には、深く考えずにひたすら盛り上がれる「1 HOPE SNIPER」「運命ジレンマの系譜をたどり、ライブで映えるこの曲がお気に入りです。気づいたら天井に突き刺さっているタイプのタドコロック楽曲です。*5

 


シャドーロールの誓い / ナリタブライアン(CV.相坂優歌)
作詞・作曲・編曲:Haggy Rock
[ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 06 収録] 

シャドーロールの誓い

シャドーロールの誓い

  • provided courtesy of iTunes

 "溢れる涙たちを こぼさないための誓い"

アイマイモコ(水瀬いのり)、ドキドキラビリンス(小倉唯)、ナイモノバカリ(夏川椎菜)などを手がけ、最近個人的にも関心を寄せているHaggy Rockさんの提供曲からは、ウマ娘の楽曲を選びました。

どれも個人的には刺さりますが、シャドーロールの誓い」ではそれらの楽曲どれとも異なる独特の世界観が、相坂優歌さんの透明感あるボーカルを伴って表現されています。
1番サビ前のセリフ「負けない...!」、2番サビ前のセリフ「ブッちぎる…!!」インパクトは絶大です。

 

 

サタデー・ナイト・クエスチョン / 中島愛
作詞:加藤慎一 作曲:山内総一郎 編曲:フジファブリック
[TVアニメ「ネト充のススメ」OP] 

サタデー・ナイト・クエスチョン

サタデー・ナイト・クエスチョン

  • provided courtesy of iTunes

 "うっごきっだっすっ!サタデナイ!"

2017年も最後になって駆け込んできたこの1曲。
中島愛さんの枠では、TVアニメ「風夏」EDであるワタシノセカイと最後まで迷いました。

楽曲提供にフジファブリックが関わったことでも話題になりました。イントロからAメロまで繰り返されるメロディラインがひたすら気持ち良い。
TVアニメ「ネト充のススメ」放送開始後、私が足を運ぶアニクラでは必ずと言っていいほど耳にする楽曲で、人気の高さが伺えます。
復帰後の中島愛さんの音楽活動がますます楽しみになります。*6

 


明日の君さえいればいい。/ ChouCho
作詞:松井洋平 作曲・編曲:yuxuki waga(fhána)
[TVアニメ「妹さえいればいい。」OP] 

明日の君さえいればいい。

明日の君さえいればいい。

  • provided courtesy of iTunes

 "君が望んでる…君さえいればいい…"

こちらも2017年冬アニメのタイアップ曲。
作品のラジオ番組でゲスト出演した本人も「収録が大変ハードだった」と語るほどにサビが長いのが特徴的な曲。

実は松井洋平さんとfhánaの和賀裕希さんの組み合わせは、過去にアイドルマスターミリオンライブ!の楽曲「俠気乱舞」でも実現しています。こちらは和テイストを前面に押し出し、ジュリア役愛美さんを始めとしたボーカルを惹き立てる楽曲になっていますが、今回は王道タイアップソングに仕上がってきています。

綺麗なイントロからスッとボーカルが入ってくるのもおすすめしたいポイントです。*7

作品に即した歌詞がまたいい味を出しているので、是非アニメ本編を見ながら堪能したい曲です。


ちなみに私が選ぶ2017年アニメのベストヒロインは、同作品の白川京(CV.加隈亜衣)です。
「…ねぇ、飲まない?」

f:id:untan1014:20171230221741j:plain

 

<おわりに>

毎年10選する度に思うことですが、10曲なんてとても選べません

その中でどれを削り、どれを採用するか悩んだ挙句、各々が選ぶ10選を眺めるのが、ここ数年の年末の楽しみになっていたりします。

来年も良き楽曲に出会えますように。

*1:和のテイストが盛り込まれたダンサンブルなロックナンバー。会場によって太鼓が登場したり、乗降装置に内田真礼さんが乗り込んだりと、ライブ毎に手のかかった演出も見どころです。

*2:2月の代々木第一体育館でのライブでは、この曲中にバズーカ砲を使った演出で飛んできたゴムボールを運良く拾うことができたのですが、サインも何も書いてないただの緑色のゴムボールだったのも、今となってはいい思い出です。

*3:所謂推し補正

*4:中山真斗さんは、田所あずささんにも「孤独な惑星」という楽曲を提供しており、そちらも一層ネガティブな内容ではありますが、ズンズン惹き込まれてしまう魅力があります。

*5:もちろんタドコロック一辺倒ではなく、Beyond Myselfの頃の俊龍俊龍俊龍太田雅友rinoyozuca*のような布陣のアルバムも待っています。来年こそ期待して…ええか?

*6:中島愛さんの4th Album「CURIOSITY」収録曲と作家陣が公開されていますが、その豪華さを見るに、今からリリースが楽しみです。

http://e-stonemusic.com/mamegu/archives/news/2107

*7:今年12月に地元・福井のクラブイベントに出演させていただいたときにも使わせていただいた楽曲で、その際もこの導入部をどう綺麗に見せるか(聞かせるか)に注力した覚えがあります。

AZUSA TADOKORO LIVE TOUR 2017 ~DilEMmA~ 大阪公演

4/22(土) umeda TRAD (旧 umeda AKASO)で行われた、AZUSA TADOKORO LIVE TOUR 2017 ~DilEMmA~ 大阪公演に参加してきました。

実はこの前日、泥酔した飲み会から戻ったのが深夜2時頃で、お世辞にも体調が優れているとは言えない状況でした。しかし朝起きてみると、知り合いのフォロワーさんから届いている1件のリプライが。「今日チケット余ってるけど来ません?」

次に気付いたとき、すでに身体は大阪に向かう電車に飛び乗っていました。オタクはこういう時だけフットワークが軽い。 

 チアガールコスチュームのフレーム追加とあって、戦場のはいふりカメラマンにも気合が入ります。

 

大阪入りし、初めて訪れたumeda AKASOはすでに名称がumeda TRADに変更されていました。

f:id:untan1014:20170424221350j:plain

 

(チャッチャッチャッチャッ↑チャーララー↓) ???「あれ~?ここどこだろ~?」

 

 以前、小松未可子さんとのツーマンライブに参加したことはありましたが、田所あずささんのワンマンライブとしては初参加でした。
この現場ではまだまだ経験が浅いですが、初心者なりに感じたことをセットリストとともに振り返ってみました。


1. スーパースタールーザー
ウォーミングアップ。

 

2. 1HOPE SNIPER
ここからエンジンをかかり始めます。自分は後方でゆっくり楽しむ派ではありますが、イントロを察知して会場の観客が一気に前方に詰めるムーブメント、オルスタならではの躍動感があって好きです。

www.youtube.com

 

3. 君との約束を数えよう
シビアな世界観を持つ曲が増える中でも、前向きで希望を感じさせてくれる曲。「迷いながら飛んでみたいよ」のサビ入り、いつ聞いても100点。

www.youtube.com

 

4. spit out
直前の「君との約束を数えよう」と比較するとメロディも激しく歌詞も刺激的。同じ作編曲・黒須克彦の曲でも、対照的なこの2曲を並べる構成、良い。

 

5. Fighter's high
イントロからBPMに抗えない。サビ終わり「周りが見えないほどに 駆け抜けたい Oh yes!」を高速クラップで追いかけるのも楽しい。

前回のツーマンライブではCome on,A-Z!!からまさかのFighter's high繋ぎを浴びて動揺してしまいましたが、Aメロ終わりの3連クラップ、今回はタイミングを逃しませんでした。 #逃さない2017

 

6. 孤毒ディストレス

後述する「孤独な惑星」とはまた違ったダークな雰囲気が漂います。作曲・高田暁のセンスが光る。

 

7. EMOTION
しっとり聞かせるバラード。
声豚である筆者としては、歌詞中の「絵空事」にビクッと反応してしまいます。ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMAで披露された、内田真礼さんの絵空事アコースティックカバーが残していった傷はまだ癒えそうにありません。

 

8. 孤独な惑星
今回のセットリストの中で一番エグい刺さり方をした1曲。作曲・中山真斗、ここまでとは。
1HOPE SNIPERやFighter's highのようなBPMで殴りつけられるというよりは、イントロ→Aメロ→Bメロ→…と曲が進むにつれジワジワと高まりが身体を支配してくるイメージがあります。

もっとも、隣にいたオタクによると自分はイントロで頭を抱えてうずくまったり、そのオタクをバシバシ殴りつけていたようですが、高まりのせいかあまり記憶がありません…。

落ちサビの「最後の一人になって 語る言葉ひとつ」の絞り出すようなボーカルの発声が、大橋彩香さんの「明日の風よ」の落ちサビの「見つめて見つめ合って 触れ合うまであと何秒?」と重なって感極まってしまいました。イントロと落ちサビで2回も刺してくるけしからん楽曲です。そしてホリプロのアーティストとは、どうしてこうも落ちサビの表現が豊かなのでしょうか。

順番が前後しますが、歌い出しの歌詞にもある「今日は強めの重力で」「やけに酸素が薄くって」をそのままに感じる時間でした。

 

9. DEAREST DROP
安心と信頼のQ-MHz提供曲。最近ではTVアニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」OPテーマとしても話題です。CD発売前ながらもランティス公式でMVが公開されており、理想的な初回収の流れとなりました。

www.youtube.com


10. 絶対的Rock Star
神田ジョンさん…ぼかぁ…。

 

11. Straight Forward
わかりやすい堀江晶太独特かつ安心感のあるイントロ。「まだ追いつけない 遠くに手を伸ばす」で伸ばす手にも思わず力がこもります。

 

12. It's my CUE.
前方へさらに人が密集し、自分も中ほどやや後ろまで無理なく進めました。Bメロに跳びポイントがあるのも好きな理由です。そんじゃ言っちゃって!\イェッタイガー!/

www.youtube.com


13. 運命ジレンマ
1HOPE SNIPER」と同じく、腕を振り上げてひたすら天井めがけてジャンプを繰り返しているだけで楽しくなれる曲。たぶん脳から変な汁が出ているんだと思います。「昨日よりちょっと先の 明日のちょっと手前」を目指して跳び続けます。

www.youtube.com

 

EN1. イッポーツーコー
PM2.5だって好き放題に飛んでんのに 晴れた空は誰のもんなの?

 

EN2. Boom! Boom!
自分はタオルさえ邪魔なので素手ですが、何を持ってようが何を持ってなかろうが、会場で浴びる楽しさは折り紙付きです。この曲を表現する「意味も無く叫んで 何か変わりゃめっけもんだろ」というフレーズがお気に入りです。

 

EN3. 純真Always
フェスイベントで散々聞いてきたはずなのに、ワンマンツアーで聞く純真Alwaysはまた違った楽しさがありました。

サビ前「ぜったいに!イェッタイガー!」は最初からやると決めてましたが、隣のオタクも乗っかってきてくれてよかったです。(別の知り合いオタクからは後でこっそり怒られました)(ごめんなさいでもやめません)

ラストの「La la la la…」は気がついたら隣のオタクたちと肩を組んで、ひたすら左右に揺れながら聞いていました。戸松遥さんの「Q&Aリサイタル!」における「Someday I really really send it, precious for you!」のくだりの肩組みもそうですが、こういうことができるのはライブ会場ならではの楽しみ方だと思います。


当日になっていきなり参加を決めたライブでしたが、会場に行ってみれば知り合いオタクがわんさかいるわ曲も高まるわで、「ためらわず来て良かった」を実感するライブでした。

例えばFighter's highのクラップだったり、純真Alwaysでの肩組みだったり、ライブにおける自分なり楽しみ方をつかんでいくと、より深みの味わえるツアーになるのかなと思います。

UCHIDA MAAYA 2nd LIVE「Smiling Spiral」2日目

2/26(日) 国立代々木競技場第一体育館で行われた、UCHIDA MAAYA 2nd LIVE「Smiling Spiral」2日目に参加してきました。

 以下、セットリストとともに内容を振り返っていきます。

続きを読む

大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」愛知公演

2/11(土) 名古屋ボトムライン(THE BOTTOM LINE)で行われた、大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」愛知公演に参加してきました。

光り物禁止、生バンド演奏のライブでした。

続きを読む

今期アニメ(2)

ネタバレを含みますのでご注意ください。 アニメの感想記事は気が向いた時に不定期に更新、そしてさらっと終わります。

 

ガヴリールドロップアウト5話 & このすば4話
実家のような安心感。頭空っぽにして視聴できる。

 

バンドリ 3話
あのきらきら星を理解するには自分の力量が及ばないようです…。
かと言ってここで投げ出すのももったいないので、もうしばらくGlitter☆Greenに注目したいです。

 

アイドル事変 5話
渕上舞さんや上田麗奈さんなどキャストにつられて見続けてますが、ストーリーが単調過ぎるというか、登場する悪役が小物過ぎるというか…。
深夜帯というより、水着シーンなどを削って夕方に子ども向けアニメとして売り出す方向もあったのでは。

ともあれ、鬼丸静ちゃんの行く末が気になります。

 

リトルウィッチアカデミア 5話
1話の時点では主人公のテンションがキツかったけど、慣れてしまうと次の展開が気になってグイグイ引き込まれます。キルラキルを視聴していた頃を思い出します。
今のところ一話一話でお話がまとまってるので見やすいですね。

 

幼女戦記 5話
悠木碧さんの演技の幅を再確認するアニメ。ストーリーも楽しめる。
時代や設定は変われど、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」「天鏡のアルデラミン」「終末のイゼッタ」など、この手の軍記物は各クール1本あると嬉しいです。

 

けものフレンズ 4,5話
「フレンズ化」というキーワードや遺跡(?)には非常口のピクトグラムが登場。深い考察は他の方に任せますが、話数を重ねる度に「すごーい!」「たーのしー!」だけで終わらないアニメだという思いが強くなります。

 

政宗くんのリベンジ 5話
ワンマンライブやればそこそこ集客できるキャストばかりで声豚の注目を集めるアニメ(?)
寧子さんあれでノーパンとはたまげたなあ。

ところで、左二の腕のほくろは三森すずこさんご本人と何か関係があるのでしょうか。

f:id:untan1014:20170210220113j:plain

 

 

 

f:id:untan1014:20170210220123j:plain

 

 

「虐殺器官」を見てきました

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」に続くノイタミナムービー第2弾。
原作は伊藤計劃(いとうけいかく)のSF小説虐殺器官』。

予備知識ほぼゼロで見に行ったわりに、上映後はとても満足して席を立てました。

www.youtube.com

こちらの予告映像にも使われている『ベートーヴェンピアノソナタ「月光」第3楽章』が劇中にて流れるタイミングにも注目です。

まだ公開になったばかりですし、ここでは本筋について詳しくは書きませんが*1、銃撃戦シーンの一人称視点や対地ミサイルのシーン、CoDシリーズなどに代表されるFPSゲームをプレイしていた人は思わずニヤリとするのではないでしょうか。

キャストにおいても、主人公である中村悠一さんの安心感のある演技は言うまでもなく、櫻井孝宏さんも知的な悪役を見事に演じていたと思います。*2

アニメ映画と言えど、「君の名は。」や「ポッピンQ」とは作風がガラリと変わりますし、R15+作品だけあって万人に勧められる作品ではないかも知れませんが、PSYCHO-PASSシリーズを楽しめた方には是非おすすめしたいです。

劇場の設備で聴くEGOISTの主題歌「リローデッド」*3はやはり気持ち良いですね。

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

*1:Wikipediaにネタバレを含むストーリーが載っています

虐殺器官 - Wikipedia

*2:スタッフ・キャストコメント

akiba-souken.com

*3:【期間限定公開】EGOIST「リローデッド」スペシャルムービー【~2/10(金)19:00まで】

www.youtube.com

今期アニメ(1)

ネタバレを含みますのでご注意ください。

アニメの感想記事は気が向いた時に不定期に更新、そしてさらっと終わります。

 

 

セイレン 3,4話

「2017年は佐倉綾音の年になるぞ」

 

リトルウィッチアカデミア 3話

キルラキルみたいなメチャクチャ感が癖になるなと思ってクレジットよく見たら、同じTRIGGERでなるほど

 

風夏 3話

一人ホモ混じってたらサブタイのトライアングル(三角関係)にならんやんけ!

 

うらら迷路帖 3~4話

キャラクターで癒やされているところにすかさず茅野愛衣さんの声が降ってきて隙がない

 

亜人ちゃんは語りたい 3話

諏訪部ボイスがセクシーでヒロインたちに集中できない

 

この素晴らしい世界に祝福を! 2話

実家のような安心感。雨宮天さん相変わらずノリノリで安心する